熱狂ミュージカル🎶里帰り

Scroll down to content

東京に進学していた子どもたちがお盆に、故郷に帰ってくる。

SAGAでミュージカルを嗜んで、東京の芸術学校に行って、技術を磨いている。

さてこの世界は、技術を磨くことにキリがない世界。

上手い奴なんて腐るほどいる。

歌が歌えて、ダンスができて、芝居ができるとなると、絞られてもくるが、その分狭い世界になっていく。

社会はよくできている。

そうそう甘くはない。

でも好きなことを一生懸命やれる環境なほど幸せな環境はない。

人との戦いではなく、自分との戦いだと思えばやるべきこと、やらなくてはいけないことは山ほど出てくる。

みんながやっていることをやるだけでいいわけがない。

それは芸術の世界だけでなく、仕事なんてそんなものだ。

お金をもらえるもらえないに関係なく、自己表現極めるなら、もっともっと楽しいことを、時間を気にせずやることだ。

親元から離れ、生活費も送ってもらえるステキな環境。

何を迷うことがあろう⁉️

やりまくればいいのだ。

思いついたことを片っ端からやりまくれ‼️

死ぬこと以外、かすり傷だ❣️

かすり傷の数が勲章だ‼️

よく話を聞いてくれ。

いいか、だれの話も聞くんではない‼️

ピストルもそう言ってるじゃないか。

自分で熱狂するしかない。

自分が世界の中心だ‼️

都会も田舎もない。佐賀も東京もない。今やネットは地球を満遍なく覆っている。

言い訳がいいわけがない(゚o゚;;

言い訳を排して、さあ、一歩一歩足を進めよ‼️

ま、ひとときの盆帰りを楽しむがよい🎶

中村雅俊「盆帰り」

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。