時々、ナレーションの話も舞い込んでくる。

オリジナリティ的なものや即興的なものはまだまだ通用しないが、台本があって読むと言うのなら、小学生ならなかなかいない。

これが中学生、高校生となると放送部とか、演劇部とかもあるので、少しはレッドオーシャンだけど、小学生の可愛い子どもの声でと言われれば、日頃の練習の成果。

そこらの子どもには負けない。

今度の土曜日。

佐賀市文化会館大ホールである芸術祭の催し、佐賀交響楽団が演奏する『くるみ割り人形』の音楽の合間にナレーションを入れる本番があるんです。

はじめてのナレーションにまだまだな部分はありますが、日曜日までにはしっかり作り込んで行きますよ^_^

衣装もとびっきり可愛いのを💕

佐賀交響楽団のえらいところは、そこんとこの演出がちゃんとできるところ。

クリスマスのお話、子どものお話であるくるみ割り人形。

この演奏をどうお客様に見ていただくのがあるか?

普通なら影マイクで声の綺麗(普通)な女性の声でナレーションを入れておしまいでしょ。

それをあえて子どもらしい声で、物語を解説しながら、演奏を進めていくという今回のステージ。

お客さんもきっと和みますよね。

これに一箇所か二ヶ所、バレエがちょこっとでも入るとまた楽しい。

今回はステージの両サイド(上下)に絵本のような可愛い絵が映し出されます。

これもいい。

少しでも見に来てくださるお客様に楽しんでもらうための演出は、絶対大切だよね。

わからない時は、聞いてください^_^🎶

CCO栗原ですから(゚o゚;;

いざ共に‼️

風のたね芸術&塾研究所

CCO(最高クリエイティブ責任者)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。