待機児童の実態|佐賀の場合?

Scroll down to content

待機児童という言葉に疑問。

佐賀は保育園や幼稚園の数は足りているということで、みんなが入ろうと思えば入れるということだ。

ただ、自分たちが行かせたい保育園や幼稚園が満員で待機している状態だから、待機児童と数えているらしい。

佐賀だけかもしれないが、保育圏も子どもが足りず潰れる保育園もそろそろ出てくるかもしれないと、話を聞いた。

だから、どこでもいいから、子どもを保育園や幼稚園に入れたいというなら、100パーセント入れるということだそうだ。

少なくとも第三希望までなら大丈夫なはずなのに、待機児童がいる原因はそういう、保護者のわがままから換算されている統計みたいですね。

それって、ほんとはやばいよね。

自分の都合や希望で、勝手に保育園に入れないのに、待機児童扱いして、仕事が出来ないからとか、お金がないからとか言い出した暁には、社会が成り立たなくなりますよね?

子どもを保育園や幼稚園に入れる前に、親がもう一度、保育園からやり直せ‼️って感じだな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。