時間はボクらが持ってる、最も身近な、そして最も重要な資源だ。

この時間の使い方ひとつで成功したり失敗したり、大金持ちになったり貧乏になったり、賢くなったり、愚か者になったり、尊敬されたり、蔑まされたりする。

もちろん、時間が100%で物事の現象が良くなったり悪くなったりするわけではないが、少なくとも、何も持たないと思っている人でも時間だけは、誰しも分け隔てなく1日は24時間、一年は365日の時間を持っている。

だから時間を上手に使ってもらいたいと思うのだ。

例えばわたしは子どもたちにミュージカル舞台のknow-howを教えているのだが、その技術を身につけるにも時間は大切な資本だ。

その時間をどのように使うかで、上手くなるスピードは変わってくる。

自主練習だと気持ちだけで、スタジオに来て友達やスマホと遊んでたら技術なんて身につかないのは当然だ。

まして時間に約束事がくっついていたりすれば、それは信用となって、今後の時間に関して制限をされるかも知れないのだ。

簡単に言えば、2時間の自主練習の時間を約束して、この子が明らかに時間を無駄にしていたら、次のスタジオでの自主練習の時間は与えられなくなる。

他には密度の濃い練習をして汗をいっぱい流しても、またたくさん歌を歌っても、結果上手くならないと判断されたら、個人やチームでの次の練習時間は与えられなくなるかも知れないのだ。

それはスタジオと言う空間を使いたいと言う人が他にもいるかもしれないし、スタジオ運営に関して幾ばくかの資金がそこで使われることの節約と言う概念からもそうなるかも知れない。

わたしは出来るだけ子どもたちの自主的な申し出を、よほどのことがない限りは応援してあげようと思っているのだが、あまりにも使用者の意識が低下するようなら、仕方なく手を打つしかなくなるのだ。

起こることを予測して保険をかけるのはしたくないのだが、出ている結果は重要視しなくてはならない。

このような時間の考え方は、お金の使い方にも同じことが言えるし、その他の時間の使い方にも影響している。

ここだけの話ではないからだ。

きっと時間をうまく使えない子ども(大人も含めて)は、学校の勉強の仕方や、授業の受け方も同じように無駄遣いをしているに違いないことは容易に想像がつくし、お金の使い方も同じことが言える。

同じ一時間を使うなら勉強というのはわかりやすい物差しだ。

公教育より私立の教育、私立より塾というように時間の価値は違うと思うし、時間の価値はお金と結びついているのかも知れない。

しかし、お金と結びつかない時間の使い方でも、有益なものを生み出せないということはない。

どんな状況でも天才は出てくるし、努力はできるし、その結果は出るというのは、世界を見ればよくわかる。

しかし、時間を無駄に使って、大成する人間はいないことだけは真理のようだ。

ま、一時期遊び呆けていたという有名人もいないことはないが、その経験すら宝に変える才能を持ち合わせている人がそうなっている。

一分一秒を無駄にせず、我武者羅に・・・とまでは言わないが、他人が関与している時間にだけはまずは配慮することだ。

自分の時間だけでなく、他人の時間まで無駄に使わせているのは、人としてどうなのか?考えてみる必要はありそうです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。