ミュージカル「風の曜日」から「風のうた」と言うナンバーです🎶

♪風のうた

作曲:弓削田健介

風はどこにいる

風はどこを吹く

地上に吹くだけが

風ではない

水の中土の中光の中

真空の大宇宙を

吹き渡って

いきとしいけるものを

繋ぐ大いなるもの

風は光のように

風は愛のように

ミュージカル「風の曜日」からの楽曲です🎶

風という言葉の響きや、現象そのものが好きなんですねえー。

この物語の最後に2人の主人公がこんなセリフを喋ります。

こんなことなんだと思うんですよ。

風の曜日は生きている。俺達の中で、世界の全てのものを優しく包んでくれている。

例えば、俺達の体。何兆という細胞からできている俺達の体。

どこまでもどこまでも拡大したときに、細胞はやがて、無数の分子からでき、分子もまた原子からできている。

その原子を造る原子核と電子の無限の隙間に、風は吹いている。

100パーセントの塊に見える、俺達の周りのものでさえ、99パーセント以上が真空という、その隙間に風は吹いている。

俺達の頭上に広がる大宇宙の、無数にある星星の隙間に風は吹いている。

風の曜日はちゃんとある。私達の生活の中で、全てのものを優しく包んでくれている。

例えば、一日が終わろうとする瞬間。

11時59分59秒。今日だ今日だと思っていた今日が、一秒後には日付が変わって明日になっても今日と言い続ける。

明日と思っていた日が、いつの間にか今日になっていて、さっきまでの今日は昨日になり、今日は永遠に今日で、明日は絶対やって来ない。

デジタル時計の細切れの時間を埋めるもの、アナログ時計のように滑らかに・・・

月曜が火曜に変わる瞬間、火曜が水曜に、水曜が木曜、木曜が金曜と移り変わって行く、一瞬にも満たない、永遠の時間の中に風の曜日は存在している。

風の曜日は、そんなうつろいゆく、無限の瞬間と無限の隙間で大いなる呼吸をしているんだ。

風のうた

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。