ミュージカル「図書館で会いましょう」から『越えてゆけ』

🎼越えてゆけ

(作詞・曲:弓削田健介)

越えてゆけ 重ねた時を

越えてゆけ その寂しさを

めぐる風、背中を押したなら

心の連れてく場所へ

晴天と夕焼けの狭間にいるような

半端な場所から一歩も動けない

そんな日がいつからか

続いて来たのに

僕は知らんぷりで

大人になれない

地平線の先には素敵な明日が見える

遠ざかる雲一つ 残して

進むことできるか

越えてゆけ 重ねた時を

越えてゆけ その寂しさを

めぐる風、背中を押したなら

心の連れてく場所へ

がむしゃらに生きてきた

少しの れと ちっぽけな誇り

胸の奥に抱いて

本当は気付いてた

「僕、変わらなきゃ」って

だけど振り返るたび 懐かしい君がいる

越えて行け 重ねた時を

越えて行け そのその寂しさを

めぐる風、背中を押したなら

心の連れてく場所へ

ミュージカル「図書館で会いましょう」の中の楽曲ですが、この曲はもっとずっと以前より歌われていました。

この曲にふさわしい物語を作ったのが弓削田健介さんです。

きっとどんな物語の最後に歌われてもいい歌なんだと思うくらい、ステキな歌です。

今度の日曜日はこのミュージカルの再演もあり、いま一度心に刻みたい歌です🎶

お時間のある方は、ぜひ見に来てください。

越えてゆけ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。